Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows 7」と「Windows Server 2008 R2」向けにSP1を公開

マイクロソフトは、「Windows 7」および「Windows Server 2008 R2」向けサービスパックを公開した。

「同Service Pack 1」は、両OSを最新の状態へアップデートするサービスパック。これまでにリリースされたすべての更新プログラムが含まれているほか、仮想化環境への対応強化などが行われている。

同社では、ウェブサイト上で公開しておりダウンロードが可能だが、「Windows Update」では、より小さなサイズで、最適化されたダウンロードを提供しており、自動更新から利用できる。

(Security NEXT - 2011/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に
Sennheiserのヘッドセット用ソフトに脆弱性 - アンインストール後も影響