Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの一部マルウェア対策製品に脆弱性 - 「MSRT」にも影響

マイクロソフトは、同社マルウェア対策製品に脆弱性が見つかったとして、アップデートの提供を開始した。

同社の一部マルウェア対策製品に搭載されている「Microsoft Malware Protection Engine 1.1.6502.0」および以前のバージョンに脆弱性「CVE-2011-0037」が見つかったもの。

「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」や「Microsoft Security Essentials」をはじめ、「Windows Live OneCare」「Microsoft Windows Defender」「Microsoft Forefront Client Security」「Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010」が影響を受ける。

細工したレジストリキーを作成し、その後システムをスキャンした場合、特権の昇格が発生する可能性がある。脆弱性を解消する更新プログラムは、マルウェアの定義を更新する際、一緒にインストールされる。

脆弱性は非公開で同社へ報告されており、悪用されたなど被害は報告されていないという。同社では、30日以内に安定した攻撃コードが登場するおそれがあるとしている。

(Security NEXT - 2011/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
主要OSなどに権限昇格の脆弱性 - 各社アップデートで対応
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
「hcsshim」に脆弱性、MSが定例外パッチ - 5月9日にPoCが公開予定
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了