Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの一部マルウェア対策製品に脆弱性 - 「MSRT」にも影響

マイクロソフトは、同社マルウェア対策製品に脆弱性が見つかったとして、アップデートの提供を開始した。

同社の一部マルウェア対策製品に搭載されている「Microsoft Malware Protection Engine 1.1.6502.0」および以前のバージョンに脆弱性「CVE-2011-0037」が見つかったもの。

「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」や「Microsoft Security Essentials」をはじめ、「Windows Live OneCare」「Microsoft Windows Defender」「Microsoft Forefront Client Security」「Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010」が影響を受ける。

細工したレジストリキーを作成し、その後システムをスキャンした場合、特権の昇格が発生する可能性がある。脆弱性を解消する更新プログラムは、マルウェアの定義を更新する際、一緒にインストールされる。

脆弱性は非公開で同社へ報告されており、悪用されたなど被害は報告されていないという。同社では、30日以内に安定した攻撃コードが登場するおそれがあるとしている。

(Security NEXT - 2011/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も