Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの添付ファイル自動暗号化ソフトの最新版 - HDE

HDEは、メールの添付ファイルをゲートウェイで暗号化できるソフトウェアの最新版「HDE Secure Mail 3.1 for ZIP」を、2月28日より提供開始する。

同ソフトは、メールの添付ファイルをパスワードをかけたZIPファイルへ自動変換できるソフトウェア。ランダムなパスワードと固定パスワードの使い分けが可能。また暗号化しないファイルの指定や、複数の添付ファイルを1つの暗号化ファイルにまとめることもできる。

最新版では、Red Hat Enterprise Linux 6に対応。このほか、Microsoft Exchange Server 2010およびOutlook 2010での動作検証も行った。価格は、100ユーザー版で105万円から。

(Security NEXT - 2011/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
NEC、メール製品に添付ファイルのPDF化機能など提供
デジタルアーツ、アーカイブメール向けにマイナンバー検出機能