Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むPCが欧州の列車内で盗難被害 - 島根大付属病院

島根大学医学部付属病院の医師が、出張先の海外で盗難に遭い、同院の患者情報が保存されたPCを盗まれたことがわかった。

移動する列車内の網棚に鞄を置いていたところ被害にあったもので、鞄に入っていたPCには、患者99人分の氏名、性別、病名、治療情報などが保存されていた。

現地時間の2月17日18時ごろに被害へ気がつき、鉄道会社や現地警察へ盗難届を提出。20日に同大へ報告した。鞄は22日夜になって発見されたものの、PCは見つかっていないという。

同院では、対象となる患者に説明と謝罪を行う。また医療安全研修会を実施して、個人情報の管理についてあらためて指導徹底するとしている。

(Security NEXT - 2011/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
県立病院で患部画像や個人情報含むカメラ紛失 - 新潟県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院