Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むPCが欧州の列車内で盗難被害 - 島根大付属病院

島根大学医学部付属病院の医師が、出張先の海外で盗難に遭い、同院の患者情報が保存されたPCを盗まれたことがわかった。

移動する列車内の網棚に鞄を置いていたところ被害にあったもので、鞄に入っていたPCには、患者99人分の氏名、性別、病名、治療情報などが保存されていた。

現地時間の2月17日18時ごろに被害へ気がつき、鉄道会社や現地警察へ盗難届を提出。20日に同大へ報告した。鞄は22日夜になって発見されたものの、PCは見つかっていないという。

同院では、対象となる患者に説明と謝罪を行う。また医療安全研修会を実施して、個人情報の管理についてあらためて指導徹底するとしている。

(Security NEXT - 2011/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
治験データ8300件が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院