Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年上半期の個人情報漏洩インシデントは684件 - JNSAまとめ

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2010年上半期に新聞やインターネットメディアで報道された個人情報漏洩に関するインシデントの発生状況について取りまとめ、速報として発表した。

2010年上半期に発生した個人情報漏洩のインシデントは684件。これらインシデントで漏洩した個人情報の合計は127万383件にのぼり、インシデント1件あたりの平均漏洩数は1951件だった。

また同協会による「JOモデル」を用いた想定損害賠償額は、1人あたり平均4万823円、インシデント1件あたりの平均賠償額を5597万円と試算している。

漏洩規模を見ると、漏洩した個人情報が1000件未満である事故が83%を占める一方、1万人分以上の個人情報が流出したケースも16件あった。規模が大きい事故の上位10件中、7件は管理ミスによる事故で2件が盗難、残り1件は紛失だった。

(Security NEXT - 2011/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に