Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

柔軟なユーザー認識やアプリ接続制御を実現した「Check Point R75」 - スマートフォンとも連携

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、必要に応じて機能を追加できるセキュリティゲートウェイ「Check Point R75」を発表した。

同製品は、必要に応じて機能を追加できる同社独自の「ソフトウェアブレードアーキテクチャ」をベースとしたセキュリティスイート。

同社では、「ポリシーの定義や徹底」「ユーザーに対するポリシーの周知徹底、教育」「セキュリティ対策の実施」を組み合わせたアプローチを「3D Security」としてあらたなビジョンに掲げ、製品の機能強化を図っている。

具体的には、「Check Point R75」へあらたに「Identity Awareness」「Application Control」を追加したほか、「DLP」「Mobile Access」といった機能を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2011/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始