Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOホスティング&セキュリティ、「GMOクラウド」へ社名を変更

GMOインターネットは、グループ会社でホスティングやセキュリティサービスを展開する「GMOホスティング&セキュリティ」の社名を「GMOクラウド」へ変更すると発表した。

クラウドビジネスに資源を集中するとして、2月21日に開催された同社取締役会で決議されたもの。同社の株主総会の承認を経て変更し、変更予定日は4月1日を予定している。

(Security NEXT - 2011/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か
サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO