Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeがWind Riverと提携、非PCデバイス向けセキュリティ市場に注力

McAfeeとWind Riverは、PC以外のデバイスを対象としたセキュリティソリューションの開発や販売で提携すると発表した。

組み込み機器やモバイルデバイスに向けたセキュリティソリューションを共同で開発するもの。手始めに両社は、「Wind River Linux」とMcAfee製品の連携させ、さらにWind Riverのオペレーティングシステムや組み込み仮想化技術との統合を進める。

またネットワーク対応デバイス向けにセキュリティ製品や管理ソリューションを2011年中に提供するほか、Wind Riverでは、出荷製品へMcAfee製品の搭載などを目指している。

McAfeeでは、ネットワーウ対応デバイスが2020年までに500億台に上ると試算しており、セキュリティの脆弱性が急激に拡大するとの見ており、ソリューションを投入していく。

(Security NEXT - 2011/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
IT資産管理製品「QND」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 更新がリリース
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験