Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeがWind Riverと提携、非PCデバイス向けセキュリティ市場に注力

McAfeeとWind Riverは、PC以外のデバイスを対象としたセキュリティソリューションの開発や販売で提携すると発表した。

組み込み機器やモバイルデバイスに向けたセキュリティソリューションを共同で開発するもの。手始めに両社は、「Wind River Linux」とMcAfee製品の連携させ、さらにWind Riverのオペレーティングシステムや組み込み仮想化技術との統合を進める。

またネットワーク対応デバイス向けにセキュリティ製品や管理ソリューションを2011年中に提供するほか、Wind Riverでは、出荷製品へMcAfee製品の搭載などを目指している。

McAfeeでは、ネットワーウ対応デバイスが2020年までに500億台に上ると試算しており、セキュリティの脆弱性が急激に拡大するとの見ており、ソリューションを投入していく。

(Security NEXT - 2011/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - 今月2度目のアップデート
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ