Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTCSP、フィルタリングやウイルス対策製品と連動するウェブプロクシを発売

シーティーシー・エスピーは、ウェブプロキシアプライアンス「Smart Web Security」を販売開始した。

同製品は、「キャッシュ機能」を搭載したウェブプロキシ製品。デジタルアーツのウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」やトレンドマイクロのウイルス対策製品「InterScan Web Security Virtual Appliance」と連携して利用できる。

従来、同製品をウェブフィルタリングアプライアンスとして提供していたが、今回デジタルアーツのウェブプロキシ「D-SPA」をベースとするウェブプロキシへ再設計した。価格についても、従来の490万円から175万円へと大幅な見直しを実施している。

(Security NEXT - 2011/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS