Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETのリモート管理ソフトが機能強化 - クライアント向けライセンス製品もバージョンアップ

キヤノンITソリューションズは、ESET製品のクライアント管理ソフト「ESET Remote Administrator V4.0」を3月1日より提供する。

最新版では、IPアドレスやコンピューター名により、クライアントPCを自動でグループ分けできる「パラメータグループ機能」を追加。またウィザードによりポリシーやファイアウォールの設定が可能となっている。

プッシュによるインストール、アップグレードなどスケジュール指定に対応。隔離したファイルを集中管理できるほか、レポートを18種類から37種類へ強化した。

またクライアント向けソフトのライセンス製品をバージョンアップを実施し、「ESET Smart Security V4.2」「ESET NOD32アンチウイルス V4.2」を同日より提供開始する。

ウイルススキャン時の処理を最適化したほか、「ESET Smart Security」では、利用環境によってファイアウォールの設定を変更できるプロファイル機能を搭載しており、環境に応じて自動的に切り替えることができる。

(Security NEXT - 2011/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応