Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あらたな脆弱性89件のうち54件に活発な攻撃 - フォーティネットまとめ

フォーティネットジャパンは、2010年12月21日から2011年1月20日まで1カ月間に同社システムなどを通じて検知したマルウェアや脆弱性を取りまとめた。

同社では、12月にあらたな脆弱性89件へ対応したが、54件に活発な攻撃が行われていたという。深刻度「緊急」でリモートで攻撃を受ける脆弱性の半数が攻撃対象となっていた。

脆弱性に対してもっとも攻撃が行われたのは、「MS.DCERPC.NETAPI32.Buffer.Overflow」で、全体の42.7%を占めるなど突出していた。

次に多かったのは「Hiloti.Botnet(12.1%)」だが、トップの3分の1と大きな差が開いている。「MS.IE.Deleted.DOM.Object.Access.Memory.Corruption」が11.4%と僅差で続いている。

一方、マルウェアで検出率が高かったのは「HTML/Iframe.DN!tr.dldr」で、15.8%を占めた。2番目に多かったのは「W32/Injector.fam!tr(13.2%)」。3位以下の検出率は1割未満となっている。同社がまとめた脅威やマルウェアのランキングは以下のとおり。

脅威

1位:MS.DCERPC.NETAPI32.Buffer.Overflow
2位:Hiloti.Botnet
3位:MS.IE.Deleted.DOM.Object.Access.Memory.Corruption
4位:AWStats.Rawlog.Plugin.Logfile.Parameter.Input.Validation
5位:MS.Windows.LSASS.Buffer.Overflow
6位:Apache.Expect.Header.XSS
7位:MS.IE.Userdata.Behavior.Code.Execution
8位:FTP.USER.Command.Overflow
9位:MS.Content.Management.Server.Code.Execution
10位:SMB.Malformed.DataOffset

マルウェア

1位:HTML/Iframe.DN!tr.dldr
2位:W32/Injector.fam!tr
3位:W32/Buzus.XCD!tr
4位:JS/Feebs.A@mm
5位:W32/Netsky.P@mm
6位:W32/Virut.A
7位:Java/Openconnection.9ADE!tr
8位:JS/Crypt.CRA!tr
9位:W32/Virut.U
10位:Adware/PlatriumSA

(Security NEXT - 2011/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱