Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報含む記録簿など無断で持ち出し紛失 - 大阪市の小学校

大阪市立鷹合小学校の教師が、児童39人分の個人情報含む記録簿やテスト用紙を紛失したことがわかった。

紛失したのは、児童39人分の氏名や成績情報などが記載された記録簿、および国語のテスト用紙。2月10日、自宅で作業するため持ち出した際、鞄ごと自転車の前かごに入れたまま放置。翌日朝に確認したところ、紛失が判明した。

教師は書類を持ち出す際、所定の手続き行っていなかったという。同校では、対象となる児童の家庭を訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会