Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員自宅PCからネット上へ顧客情報など流出 - 日通

日本通運は、顧客や従業員などあわせて約1300人分の個人情報が、インターネットへ流出したと発表した。

同社大竹支店の従業員が業務情報を持ち帰り、自宅の私用パソコンでデータを保管していたところインターネット上へ流出したもので、2月2日に外部より指摘があり、調査をしたところ判明した。

同社によれば、データが流出した時期は、2009年5月ごろで、取引先の顧客情報約1000件や従業員情報約300件が含まれるという。

同社では今回の流出を受け、関係者へ連絡を取っている。またファイルの暗号化や無断持ち出しの禁止、社内教育など再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2011/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
小学校で施錠保管の家庭環境調査票が所在不明に - 大阪市
特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市
委託先の職員が業務用携帯電話を紛失 - 福岡県
小学校の家庭訪問中に児童の個人情報が盗難 - 藤沢市
小学校で災害時の児童緊急引渡用カードを紛失 - つくば市
宴会の予約台帳が所在不明に - 居酒屋チェーン
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ