Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員自宅PCからネット上へ顧客情報など流出 - 日通

日本通運は、顧客や従業員などあわせて約1300人分の個人情報が、インターネットへ流出したと発表した。

同社大竹支店の従業員が業務情報を持ち帰り、自宅の私用パソコンでデータを保管していたところインターネット上へ流出したもので、2月2日に外部より指摘があり、調査をしたところ判明した。

同社によれば、データが流出した時期は、2009年5月ごろで、取引先の顧客情報約1000件や従業員情報約300件が含まれるという。

同社では今回の流出を受け、関係者へ連絡を取っている。またファイルの暗号化や無断持ち出しの禁止、社内教育など再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2011/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市