Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、紛失した個人情報のネット流出状況を調査するサービス

ネットエージェントは、紛失した個人情報が、インターネット上に流通していないか調査する「個人情報紛失調査サービス」を提供開始した。

同サービスは、パソコンやUSBメモリ、紙媒体などで紛失した個人情報が、ファイル共有ソフトのネットワーク上へ流出したり、ブログや掲示板などインターネット上へ公開されていないか調査や監視を行うサービス。

依頼の連絡から調査結果の報告まで最短5営業日で対応。また要望に応じて流出ファイルの拡散を防止したり、流出の傾向調査などにも対応する。

ファイル共有ソフトにおける過去3カ月分の流出状況を調べる「基本調査サービス」の料金は、99万7500円から。調査対象期間や調査キーワードの追加、業務情報の検索、継続調査、SNSの書き込み調査などオプションサービスを用意している。

(Security NEXT - 2011/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム