Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルユーザー向け仮想デスクトップサービスを開始 - NTTドコモ

NTTドコモは、モバイル端末からデスクトップ環境が利用できるクラウド型サービス「モバイルセキュアデスクトップ」を提供開始した。

同サービスは、同社データセンターで構築されたデスクトップ環境を、PCやタブレット端末から利用可能にする仮想デスクトップサービス。データを端末に保存せず、端末の盗難や紛失発生時にはデータセンターとの接続を遠隔ロックできる。

Windows標準アプリのほか、「Office」「SkyPDF」などビジネスに必要なアプリケーションを用意。1Gバイトのストレージサービスも提供する。またウイルスや迷惑メールなどを防ぐセキュリティ機能も標準搭載している。

価格は、初期費用が1アカウントあたり6300円。月額利用料は、1年以上の継続利用が条件の「ビジネスプランバリュー」で1アカウント7875円。

(Security NEXT - 2011/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC