Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルユーザー向け仮想デスクトップサービスを開始 - NTTドコモ

NTTドコモは、モバイル端末からデスクトップ環境が利用できるクラウド型サービス「モバイルセキュアデスクトップ」を提供開始した。

同サービスは、同社データセンターで構築されたデスクトップ環境を、PCやタブレット端末から利用可能にする仮想デスクトップサービス。データを端末に保存せず、端末の盗難や紛失発生時にはデータセンターとの接続を遠隔ロックできる。

Windows標準アプリのほか、「Office」「SkyPDF」などビジネスに必要なアプリケーションを用意。1Gバイトのストレージサービスも提供する。またウイルスや迷惑メールなどを防ぐセキュリティ機能も標準搭載している。

価格は、初期費用が1アカウントあたり6300円。月額利用料は、1年以上の継続利用が条件の「ビジネスプランバリュー」で1アカウント7875円。

(Security NEXT - 2011/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験