Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報や治療映像など含むPCが盗難 - 兵庫医科大病院

兵庫医科大学病院の職員が車上荒らしに遭い、患者40人の個人情報や一部記録映像などが保存されたノートPCとポータブルハードディスクが盗まれた。

被害に遭ったPCやハードディスクには、患者40人の氏名、年齢、性別のほか、一部患者の顔が認識できる治療映像などが保存されていたが、匿名化されていなかったという。

学会発表データ作成のため1月15日に持ち出し、自家用車を京都市内の有料駐車場に駐車。翌16日7時ごろ、車の窓ガラスが割られ車内に置いていた鞄ごと持ち去られていることに気がついた。

職員は警察へ被害を届けており、同院では、対象となる患者への報告と謝罪を行っている。また紛失した職員や管理責任者に対して処分を行うとしている。

(Security NEXT - 2011/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院