Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dr.Web」のスパム対策エンジンに一時誤検知の不具合

2月10日、「Dr.Web」製品のスパム対策エンジンに一時障害が発生し、誤検知の不具合が発生した。すでに修正されている。

同製品が採用している仏GOTO Software製のスパム対策エンジンに一時不具合が発生したもの。2月10日7時半ごろに提供が開始されたエンジンに不具合があり、スパムではない日本語のメールが誤ってスパムと判定される状態が発生したという。

同日16時40分より修正版が提供が開始されているが、同製品を販売するネットフォレストでは、期間中にメールが届かないなど心当たりがあるユーザーに対して、誤って隔離されたり、受信が拒否されていないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多