Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報やカード情報が流出 - ルチア

育毛製品の販売などを手がけるルチアのウェブサイトが不正アクセスを受け、サイト利用者の個人情報が流出したことがわかった。

同社ウェブサイトの脆弱性に対して、SQLインジェクション攻撃があり、2006年9月12日から2010年9月28日にかけて同社サイトで注文や資料請求、問い合せを行った顧客の個人情報が流出したもの。

流出した情報には、ログインパスワード3374件をはじめ、氏名367件や電話番号3265件、メールアドレス4273件、住所3560件、生年月日6件などが含まれる。

さらに2004年8月8日から2010年9月28日までに同社サイトでカード決済を行った2197件のクレジットカードの情報が流出したという。

同社では関連する顧客に対してメールや書面、電話で連絡を取っている。またカード会社と連携して対応を進めており、顧客へ心当たりのない請求が寄せられていないか注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト