Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年W杯の話題を悪用するスパムメール - メッセージラボが確認

2022年にカタールで開催が予定されている「FIFAワールドカップ」の話題を利用した詐欺メールが、早くも流通している。

メールを観測したメッセージラボジャパンによれば、問題のスパムメールは、添付ファイルを開くように促すシンプルなものだったという。

ファイル内にはメール受信者が賞金を獲得したと伝え、メールの返信や電話で返事するよう求める詐欺的な内容。PDFは、オープンソースのオフィススイートにより作成されたもので、ロゴやFIFA会長など関係者の写真が無断で利用されていた。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇