Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年W杯の話題を悪用するスパムメール - メッセージラボが確認

2022年にカタールで開催が予定されている「FIFAワールドカップ」の話題を利用した詐欺メールが、早くも流通している。

メールを観測したメッセージラボジャパンによれば、問題のスパムメールは、添付ファイルを開くように促すシンプルなものだったという。

ファイル内にはメール受信者が賞金を獲得したと伝え、メールの返信や電話で返事するよう求める詐欺的な内容。PDFは、オープンソースのオフィススイートにより作成されたもので、ロゴやFIFA会長など関係者の写真が無断で利用されていた。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
「応答ない場合はアカウントをロック」、偽Amazonのフィッシングに注意