Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモとシマンテック、ノートPCのデータ無効化ソリューションを共同開発 - 海外利用にも対応

NTTドコモとシマンテックは、ノートパソコン向け情報漏洩対策ソリューションを共同で開発すると発表した。ドコモでは2011年第2四半期にサービス開始を目指している。

両社が開発に取り組むのは、「インテルアンチセフト・テクノロジー」を搭載したパソコンのデータを、遠隔からロックできる情報漏洩対策ソリューション。

同機能では、FOMAネットワークを利用して送信したSMSメッセージによりシマンテックのソフトウェアで起動をロックしたり、ハードディスクへのアクセスを無効化することができる。

「インテルアンチセフト・テクノロジー」を備えたパソコンであれば、メーカーに関係なく利用することが可能。ローミングにより海外において紛失したり盗難に遭った場合も対応できる。

SMSの受信にはエリクソン製の通信モジュールを採用する予定で、PCに電源が入っていない状態であっても機能するという。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合