Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リモート操作の操作ログを画像で保存できる「Remote Access Auditor V5.0」

エンカレッジ・テクノロジは、リモート操作の内容を記録する「Remote Access Auditor V5.0」を発売した。

同製品は、リモート操作時の操作ログを動画やテキストで記録するセキュリティソリューション。ゲートウェイへ導入するだけで利用でき、クライアントや操作対象となるサーバへのインストールは不要。誤操作や不正アクセスの抑止や不正利用時の原因究明に利用できる。

最新版では、ウィンドウイベントセンサー機能をあらたに搭載し、ボタンのクリック、フィールドの値など、GUIアプリケーションの操作記録を取得することが可能。またデータを暗号化する公開鍵、秘密鍵の暗号化強度を強化した。

(Security NEXT - 2011/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

キヤノンITS、暗号化ソフトに法人ライセンス - リモート管理に対応
MOTEX、MDMサービス「LanScope An」最新版をリリース - iOSに対応
クライアント端末における不正操作の自動録画に対応した「SKYSEA Ver.8」
キヤノンITS、Android向け総合セキュリティ対策ソフトを発売
内田洋行、教育機関向けIT資産管理サービスを強化 - スマホ管理やデバイス制御など
NRIら、iOSとAndroidに対応したMDMサービス - 個人の持込端末にも対応
サーバやクライアントPCの管理ソリューションの最新版 - シマンテック
「ESET NOD32アンチウイルス V3.0」に4種類のライセンス版
ウイルスバスター2008購入者向けに24時間PCサポートサービス
富士ソフト、4台の監視カメラ映像を同時録画するビデオレコーダーを発売