Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でボランティア団体代表者のアドレスを流出 - 都環境局

東京都環境局でメール誤送信が発生し、ボランティア団体の代表者17人のメールアドレスが流出した。

誤送信が発生したのは、2月4日13時39分に催しについて案内するために送信したメール。都の保全地域で活動しているボランティア団体の代表者17人に送られたもので、アドレスを宛先欄に入力したため、表示された状態で送られた。

送信直後に担当者が気付き、メールで連絡し謝罪。別途電話で代表者に連絡を取り、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2011/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト
ドラマ「下町ロケット」エキストラのメアド流出 - TBS
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
「メール119システム」の登録者向けメールで誤送信
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町