Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を保存したUSBメモリが所在不明 - 協会けんぽ京都支部

全国健康保険協会において、療養費の申請データが保存されたUSBメモリが所在不明となっていることがわかった。

京都支部の事務室でUSBメモリを保管していたところ、所在がわからなくなったもので、1月18日に判明し、警察へ届けた。

紛失したUSBメモリには、京都府柔道整復師会から提出された柔道整復に関わる1月分の療養費申請データ1万1268件が保存されていた。整復師および受診者の氏名、請求額などが含まれる。

紛失した情報が外部へ流出したとの情報も寄せられていない。事務室にはセキュリティシステムを導入しており、第三者が入室できないという。

またUSBメモリによるデータ申請は正規の方法ではなく、同協会では今後はデータ取扱いのルールを全支部で徹底するとしている。

(Security NEXT - 2011/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸