Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IANAが最後のIPv4アドレスの割り振り - 国内は2011年中盤にも枯渇か

2011年2月3日にIANAにより最後のIPv4アドレスブロックが割り振られ、IANAにおけるIPv4アドレスが枯渇した。

約1678万のアドレスがAPNICに対して2月1日に割り振られたもので、最後の5ブロックを世界各地域のRIRに分配されたことにより、IANAの在庫がなくなったもの。

国内の需要に対しては、APNICの割り当てからJPNICへ引き続き分配が行なわれるものの、2011年の中盤に枯渇すると見られている。

ついに迎えたIPv4の枯渇を受け、IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースでは、IPv6の導入を進める最低限の準備はほぼ完了していると説明。一方で本格的で具体的な対応は、短期間で完了するものではないとし、事業者などへIPv6対応への準備を呼びかけている。

同タスクフォースでは、すぐに一般ユーザーへの影響はでないとしているが、今後の事業者の動向へ注目するよう促している。

(Security NEXT - 2011/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インターネットリスク調査、日本は183カ国中155位 - 一方で25万台超がtelnetに応答
脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応
「Kea DHCPサーバ」のログ機能に脆弱性 - クラッシュのおそれ
Cisco IOS XRのIPv6処理でDoS攻撃受けるおそれ
IoT向け無線規格の普及目指す「IP500 Alliance Japan」が発足
「GHOST」はおそれずに足らず、冷静な対応を - 米Trend Microが指摘
ISA、ネットワーク機器を監視、電源制御で復旧する新製品
A10、ネットワーク製品にDDoS防御機能を追加
JPCERT/CC、「IPv6セキュリティテスト」の手順書と検証済み製品リストを公開
MS、深刻度「緊急」4件含む月例パッチ7件を公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正