Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCジャパン、「RSA SecurID Software Token」のAndroid版をリリース

EMCジャパンは、ワンタイムパスワード認証ソフトウェア「RSA SecurID Software Token Android版」を2月7日より提供開始する。

同ソフトは、「Android」を搭載したスマートフォン上で、ワンタイムパスワードを生成することができるソフトウェア。無料で「Android Market」よりダウンロードでき、トークンを有効化するシードを購入することで利用できる。

同社では、すでにスマートフォン向けに「iPhone版」「BlackBerry版」「Windows Mobile版」をリリースしており、今回ラインナップを強化した。「Android」上で連携するアプリを開発するための支援ツール「Androidアプリケーション開発者向けSDK」を用意している。

同社では、製品の発売にともない、特別価格で提供する「スマートモバイル積極活用キャンペーン!」を3月31日まで実施している。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応