Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バレンタイン便乗スパムが今年も横行 - フィッシングやマルウェア感染に注意

バレンタインに便乗したスパム攻撃が発生しているとして、セキュリティベンダー各社は、注意を呼びかけている。

バレンタイン関連スパムは1月はじめから出回っている。Symantecによれば、実際は販売していない商品の値引き価格で興味を引く「商品紹介」の手口がもっとも多いが、グリーティングカード、金融関連などバラエティに富んでいるという。

さらにTrend Microの報告によれば、こうしたスパムは、対策製品のフィルタを回避するよう関係ないキーワードを挿入するなど巧妙な攻撃を確認しているという。

グリーティングカードなど安易に開いたり、記載されているURLへアクセスした場合、マルウェアに感染するするおそれがある。

また誘導先がフィッシングサイトで、メールアドレスやクレジットカード情報、個人情報を詐取される可能性もあるとして各社インターネット利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇