Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バレンタイン便乗スパムが今年も横行 - フィッシングやマルウェア感染に注意

バレンタインに便乗したスパム攻撃が発生しているとして、セキュリティベンダー各社は、注意を呼びかけている。

バレンタイン関連スパムは1月はじめから出回っている。Symantecによれば、実際は販売していない商品の値引き価格で興味を引く「商品紹介」の手口がもっとも多いが、グリーティングカード、金融関連などバラエティに富んでいるという。

さらにTrend Microの報告によれば、こうしたスパムは、対策製品のフィルタを回避するよう関係ないキーワードを挿入するなど巧妙な攻撃を確認しているという。

グリーティングカードなど安易に開いたり、記載されているURLへアクセスした場合、マルウェアに感染するするおそれがある。

また誘導先がフィッシングサイトで、メールアドレスやクレジットカード情報、個人情報を詐取される可能性もあるとして各社インターネット利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も