Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、スマートフォンアプリのリスク診断を開始 - 連携サーバの診断も

京セラコミュニケーションシステムは、企業を対象とした「スマートフォン向けセキュリティサービス」を提供開始した。

同サービスは、スマートフォンやタブレット型端末を業務に利用する企業向けのセキュリティ対策サービス。手始めにアプリケーションの安全性を確認する「スマートフォンアプリケーション診断」を提供する。

同サービスでは、スマートフォンにインストールするクライアントアプリのリスク診断はもちろん、連携して動作するサーバアプリケーションの診断メニューも用意している。

具体的には、スマートフォン向けアプリにおける情報漏洩の可能性、root権限が奪取された際の影響などを確認。連携するサーバについては、データ入力チェック処理やデータベースの更新処理などリスクの確認を行う。

また今春より、スマートフォンの「セキュリティレベル確認」や「セキュリティポリシー策定支援」、アプリケーションの開発ガイドラインを提供するサービスなども順次提供する予定。

(Security NEXT - 2011/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル