Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

網屋、ファイルのアクセス状況やアクセス権を調べる新製品

網屋は、ファイルのアクセス状況やアクセス権を調べることができる「ALog ConVerter 統合監査システム」を販売開始した。

同製品は、同社製品「ALog ConVerter」が備える「ログ証跡管理」にくわえ、「アカウント管理」や「アクセス権管理」などの情報を取得できる製品。

エージェントをインストールせずに、長期間使用していないユーザーIDやファイル、フォルダに割り当てられたアクセス権など調べ、レポートを作成することができる。価格は、「5 Server Pack」が63万円から。

(Security NEXT - 2011/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
「Elasticsearch」を活用したテレワーク端末の可視化ソリューション