Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

網屋、ファイルのアクセス状況やアクセス権を調べる新製品

網屋は、ファイルのアクセス状況やアクセス権を調べることができる「ALog ConVerter 統合監査システム」を販売開始した。

同製品は、同社製品「ALog ConVerter」が備える「ログ証跡管理」にくわえ、「アカウント管理」や「アクセス権管理」などの情報を取得できる製品。

エージェントをインストールせずに、長期間使用していないユーザーIDやファイル、フォルダに割り当てられたアクセス権など調べ、レポートを作成することができる。価格は、「5 Server Pack」が63万円から。

(Security NEXT - 2011/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス