Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、年齢確認サービスを開始 - GREEなど順次対応

KDDIと沖縄セルラーは、コンテンツ利用者の年齢認証を行う「年齢確認サービス」を、1月下旬から大手サイトに順次提供する。

同サービスは、携帯電話から年齢確認が必要なコンテンツを利用する際、利用者の同意の上でauの契約情報における年齢情報を、コンテンツ提供会社に通知するもの。生年月日や実年齢ではなく、コンテンツ提供会社が指定した年齢に達しているか情報を提供する。

1月下旬より「au one GREE」が対応するほか、2月からは「mixi」、3月以降に「モバゲータウン」が対応する予定。このほか対応サイトは順次追加されていくという。

(Security NEXT - 2011/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
NEC-SI、パーソナルデータを匿名加工するソリューション - 個人識別リスクも表示
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
店舗で金庫持ち去り、現金と顧客情報が被害に - ステーキのどん
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
国家試験「iパス」、最年少合格記録を更新