Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

操作の瞬間を動画やテキストで記録する監査製品「ESS REC V5.0」

エンカレッジ・テクノロジは、操作内容を記録する監査ソリューション「ESS REC V5.0」を1月下旬より出荷開始する。

同製品は、特権IDなどを利用したシステムの操作内容を画像やテキストで記録し、点検や監査が行えるセキュリティソリューションの最新版。

デスクトップの動画記録機能が強化されており、従来より1秒間隔で記録していたが、アプリケーションのボタンクリック、テキストフィールドの内容を変更した場合に記録し、変更内容をテキストデータとして記録する「ウィンドウイベントセンサー」をあらたに搭載した。

「カスタムアプリケーションセンサー」により、APIを利用してアプリケーションの操作内容を取り込み、一元管理することが可能。また記録データの暗号化にRSA 2048ビットを採用している。

(Security NEXT - 2011/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
ネットワーク上の感染端末を検知するツール - セキュアブレイン
JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく
DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス
KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加