Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールのセキュリティを強化した「HDE Controller 6.1」

HDEは、メールのセキュリティ機能を強化したLinuxサーバ管理ツール「HDE Controller 6.1」を1月28日より発売する。

同製品は、ウェブやメール、DNS、アカウント管理などLinuxサーバの統合管理が行えるソフトウェア。最新版では、「VMware ESX 4.1」「Red Hat Enterprise Linux 5.5」などへ対応したほか、メールデータの保存形式として「Maildir」に対応している。

くわえて最新版の「同Professional Edition」「同Virtual Edition」では、「25ポート」における「SMTP over TLS」の設定が可能となった。またサブミッションポートにおいてSSL暗号化通信を強制できるようになるなど、メールセキュリティの面を強化した。

価格は、「同Professional Edition」が11万5500円、「同Virtual Edition」が28万9800円、「同LG Edition」が15万2250円から。いずれも1年間のサポートが付属する。

(Security NEXT - 2011/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC