Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む設計図をサイトに誤掲載 - 大阪市水道局

大阪市水道局のウェブページに、個人情報含む給水設備設計図が誤って掲載され、閲覧可能な状態だったことがわかった。

同局ウェブページ上で給水装置整備工事の入札案件一覧に掲載された設計図に個人情報が記載されていたもの。個人情報の削除されておらず、住人の姓や住宅の敷地形状、給水管の引き込み状況、給水管口径、メータ口径、水栓番号などの個人情報が閲覧できる状態だった。

1月14日15時30分ごろ閲覧者からの指摘があり、問題が判明。公開を停止して個人情報を削除した設計図を再掲載した。また対象となる関係者に対し、直接説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市