Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォルダで手軽に暗号化できる「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」

アイアールティーは、フロントラインが開発したWindows向け暗号化ソフト「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」「完璧消去・極秘暗号化 2 PRO」を2月18日より販売開始する。

「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」は、自動暗号化用のフォルダを利用し、ファイルやフォルダをAES256ビットにより暗号化できるソフトと、USBメディアの暗号化を実現するソフトを同梱した製品。個人利用であれば、複数台のPCへインストールすることができる。

暗号化機能では、暗号化フォルダ内であれば複号作業を行わずダブルクリックのみでアプリケーションからファイルを開き、編集することが可能。パスワードを確認するオプションを設定できる。また誤入力の許容回数、圧縮率の設定などにも対応している。

複数のPC上で暗号化フォルダを設定しておくことで、暗号化したファイルをやり取りすることが可能。復号用の専用ソフトが用意されている。さらにUSBメモリ全体を暗号化できる「USB暗号化2」が利用できる。

一方、「完璧消去・極秘暗号化2 PRO」では、「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」の機能にくわえ、「完璧・HDD消去2 PRO」により、ディスクのパーティションを消去したり、ファイルやフォルダを消去することが可能。CD-ROMから起動したり、フロッピーディスクで自動的に消去することも可能。データバックアップ機能「保護・バックアップ 2」が付属する。

(Security NEXT - 2011/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応