Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォルダで手軽に暗号化できる「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」

アイアールティーは、フロントラインが開発したWindows向け暗号化ソフト「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」「完璧消去・極秘暗号化 2 PRO」を2月18日より販売開始する。

「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」は、自動暗号化用のフォルダを利用し、ファイルやフォルダをAES256ビットにより暗号化できるソフトと、USBメディアの暗号化を実現するソフトを同梱した製品。個人利用であれば、複数台のPCへインストールすることができる。

暗号化機能では、暗号化フォルダ内であれば複号作業を行わずダブルクリックのみでアプリケーションからファイルを開き、編集することが可能。パスワードを確認するオプションを設定できる。また誤入力の許容回数、圧縮率の設定などにも対応している。

複数のPC上で暗号化フォルダを設定しておくことで、暗号化したファイルをやり取りすることが可能。復号用の専用ソフトが用意されている。さらにUSBメモリ全体を暗号化できる「USB暗号化2」が利用できる。

一方、「完璧消去・極秘暗号化2 PRO」では、「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」の機能にくわえ、「完璧・HDD消去2 PRO」により、ディスクのパーティションを消去したり、ファイルやフォルダを消去することが可能。CD-ROMから起動したり、フロッピーディスクで自動的に消去することも可能。データバックアップ機能「保護・バックアップ 2」が付属する。

(Security NEXT - 2011/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ