Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォルダで手軽に暗号化できる「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」

アイアールティーは、フロントラインが開発したWindows向け暗号化ソフト「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」「完璧消去・極秘暗号化 2 PRO」を2月18日より販売開始する。

「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」は、自動暗号化用のフォルダを利用し、ファイルやフォルダをAES256ビットにより暗号化できるソフトと、USBメディアの暗号化を実現するソフトを同梱した製品。個人利用であれば、複数台のPCへインストールすることができる。

暗号化機能では、暗号化フォルダ内であれば複号作業を行わずダブルクリックのみでアプリケーションからファイルを開き、編集することが可能。パスワードを確認するオプションを設定できる。また誤入力の許容回数、圧縮率の設定などにも対応している。

複数のPC上で暗号化フォルダを設定しておくことで、暗号化したファイルをやり取りすることが可能。復号用の専用ソフトが用意されている。さらにUSBメモリ全体を暗号化できる「USB暗号化2」が利用できる。

一方、「完璧消去・極秘暗号化2 PRO」では、「極秘・自動暗号化2+USB暗号2」の機能にくわえ、「完璧・HDD消去2 PRO」により、ディスクのパーティションを消去したり、ファイルやフォルダを消去することが可能。CD-ROMから起動したり、フロッピーディスクで自動的に消去することも可能。データバックアップ機能「保護・バックアップ 2」が付属する。

(Security NEXT - 2011/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業