Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「イーコム」名乗る出会い系サイト決済代行業者に注意を - JIPDECが呼びかけ

日本情報処理開発協会(JIPDEC)は、「次世代電子商取引推進協議会(ECOM)」と混同する名称を用いた業者による詐欺行為が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同協会によれば、出会い系サイトにおいて「イーコム」と名乗る決済代行業者による詐欺が発生しているもので、同協会へ問い合わせが寄せられているという。

「ECOM」は、電子商取引の普及を目指して設立された団体でJIPDECが事務局を運営。決済業務など行っておらず、2010年3月31日に解散している。

「イーコム」を名乗る詐欺行為は、これまでも大手消費者金融のアコムに見せかけた融資勧誘のダイレクトメールで発生しており、ドメイン「ecom.jp」が不正に利用されていた。

(Security NEXT - 2011/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも
ペット好き狙う詐欺サイト - メモリアルグッズ販売を偽う