Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSRT、スパム大量配信マルウェア「Lethic」に対応

マイクロソフトは、1月の月例セキュリティ更新プログラムの公開にあわせ、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新し、トロイの木馬「Lethic」に対応した。

今回対応した「Lethic」は、外部から接続されスパムを大量に配信するボットプログラムで、2009年に発見されている。2010年に入り、一時スパム送信数の減少が報告されたが、その後も定期的に大量配信を確認している。

同社によれば、同マルウェアの活動地域はおもに米国やブラジル。ヨーロッパでも動きが見られるが、日本国内では感染は確認されているものの、数は少ないという。

(Security NEXT - 2011/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
CSA、IoTの「攻撃シナリオ」と「対策」まとめた資料を公開
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に