Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニックウォール、最新OSを搭載したUTMの最上位機種を発売

ソニックウォールは、同社最新OSを採用したUTMのフラッグシップモデル「SonicWALL E-Class Network Security Appliance E8500」を出荷開始した。

同製品は、不正侵入防止やファイアウォール機能を備えた同社UTM製品の最上位機種。最新OSとなる「SonicOS 5.8」を出荷時より搭載している。

同OSでは、アプリケーションのトラフィックをリアルタイムで分析し、帯域の監視や管理を行うことが可能。ポートに対してだけでなく、特定アプリケーションの帯域幅の利用状況を把握し、必要に応じて帯域の制限が行える。

またコンテンツフィルタ機能を強化しており、ウェブサイトのカテゴリに応じた帯域幅を管理に対応している。

同OSは、同社サイトよりダウンロードすることが可能で、「NSAシリーズ」「NSA Eクラス」の既存ユーザーも利用することができる。

(Security NEXT - 2011/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始