Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SourcefireがImmunetを買収 - 「gred AntiVirusアクセラレータ」の提供体制は変わらず

不正侵入対策製品やウイルス対策製品などを開発する米Sourcefireは、米Immunetを買収すると発表した。

Immunetは、クラウド技術をベースとしたセキュリティ技術を有しており、セキュリティ対策ソフト「Immunet Protect」を開発している。国内でもセキュアブレインが国内で提供している「gred AntiVirusアクセラレータ」のベースとなっている。

Sourcefireでは今回の買収を通じて、Windows向けに提供するオープンソースベースのセキュリティ対策ソフト「ClamAV」にImmunetのクラウドベースのテクノロジを活用していくという。

セキュアブレインは、日本国内における契約について、同社とSourcefire間で引き続き継続されるとしており、今後も同社が国内で製品の提供や販売、サポートを展開する。ユーザーは従来と同様に利用できると説明している。

(Security NEXT - 2011/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
JavaScriptの変化も調べるサイト改ざん検知サービス
100ページ月2310円から利用できるサイト改ざんの検知サービス
「gredセキュリティサービス」に「クロスドメインスクリプト」検知機能 - 「Darkleech」対策に活用可能
「gredセキュリティサービス」ファイル解析サービスで一時障害 - 現在は回復
サイバートラスト、「マルウェア・改ざん検知サービスKenchi」を開始
ネットフォレスト、「ウェブ改ざん検知サービス」を提供開始
セキュアブレイン、「VirusTotal」のURL判定サービスに検知エンジンを提供
セキュアブレイン、セキュリティ対策と詐欺対策のソフトをセット販売