Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立電サとトレンドが協業、サイト保護をSaaS型サービスで提供

日立電子サービスとトレンドマイクロは協業し、ウェブサイトの脆弱性診断や常時監視を行う「Webサイトプロテクションサービス」を提供開始した。

同サービスは、トレンドマイクロの総合サーバセキュリティソリューション
「Trend Micro Deep Security」の各セキュリティ機能をSaaS形式で提供するもので、「診断」と「監視」の2メニューを用意している。

「診断」サービスでは、サーバやウェブアプリケーションの脆弱性を診断するほか、サーバの運用、管理面の診断も行う。料金は31万5000円から。

一方「監視」サービスでは、不正侵入防御やウェブアプリケーション保護、改ざん監視が行える。SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどの攻撃を防ぐほか、改ざんが発生した場合に通知する。月額利用料は8万9250円から。

(Security NEXT - 2011/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ