Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETが年末に配布した一部定義ファイルに不具合 - アップデートで解消

キヤノンITソリューションズは、同社が販売するESET製セキュリティ対策製品「ESET Smart Security」「ESET NOD32アンチウイルス」の一部環境でエラーが発生しているとして、ユーザーへ定義ファイルのバージョンを確認するよう呼びかけている。

特定の定義ファイルを適用した際に、一部環境でアプリケーションが利用する「ekrn.exe」や「egui.exe」でエラーが生じたり、CPU使用率が100%となるほか、インターネットに接続できなくなるといった不具合が確認されているもので、1月5日の時点で同社へ12件の問い合わせが寄せられているという。

不具合が発生する定義ファイルは、12月30日深夜に配布された「5746」や翌31日2時ごろより配布されている「5747」。同社では、定義ファイルのバージョンを確認した上で、1月5日6時以降に配布されている「5760」以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
エフセキュア、Mac向け振る舞い検知技術「Little Flocker」を獲得
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策