Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茅ヶ崎市で発生した児童の個人情報放置、年末に再び相次ぐ

茅ヶ崎市立浜之郷小学校の児童名簿が、2010年8月に路上に放置されていた問題で、同じ名簿の放置が市内で相次いで発生していることがわかった。

放置されていたのは、同校の児童29人および秋田県内の小学校の児童35人の氏名、住所、電話番号、保護者氏名、在籍する兄弟の氏名などが記載された学級名簿。同校の教師が2008年5月8日に紛失したUSBメモリ内のデータを印刷したものと見られている。

2010年8月22日に、同校の校門付近や市内の路上に放置されているのが発見されているが、あらたに同年12月30日から31日にかけて、同校や一般住宅のポストで発見された。

さらに年明け1月4日には一般住宅のポストで、また5日にはコミュニティセンターや学童保育施設のポストで発見された。投函時期は年末で、同校では名簿を回収するとともに、警察に届け出るなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
体制不備を指摘、事後対応では類似被害防止に貢献 - J-WAVE調査報告書
県立高で生徒指導カードが所在不明、廃棄ロッカーなどに放置 - 大阪
顧客リストが公園の立入禁止区域に放置 - NTT西
自動車雑貨通販サイトからクレカ情報流出 - テスト環境経由でバックドア
県立高校で1クラス分の出席簿が所在不明 - 岐阜県
帳票を手で破り指定外ゴミ袋で廃棄、回収されず散乱 - NTT西日本委託先
顧客情報163件が所在不明、誤廃棄の可能性と説明 - りそな銀
個人情報記載の書類が突風で国道上に散乱、一部回収できず - 大阪市