Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

私物USBメモリが自家用車から盗難、翌日発見される - 四天王寺大学

四天王寺大学において、教員が鞄を盗難に遭い、学生や卒業生の個人情報が保存された私物のUSBメモリを一時紛失したことがわかった。

12月15日6時4分ごろ、同大教員の自家用車から鞄ごとUSBメモリを持ち去られたもの。被害に遭ったUSBメモリには、成績評価のために作成した在校生に関する資料が保存されており、氏名や出身校、学籍番号など在学生1420人分が含まれていたほか、連絡用に用意した資料には、卒業生109人分の個人情報が保存されていた。

被害に遭った教員が警察へ被害を届け、同大では関係者へ連絡を取るなど対応を進めていたが、被害翌日となる16日に鞄が発見され、USBメモリや資料を回収したという。同大では発見までの時間が短く、金品が被害に遭っているとして、個人情報が漏洩した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2010/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院