Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客のアドレス722件をメール本文に記載して送信 - 電子書籍販売会社

電子書籍の出版、販売を展開する東村ジャパンは、ニュースメールの本文に顧客のアドレス722件を誤って記載し送信したことを明らかにした。

誤送信されたのは、12月19日16時40分ごろ一斉送信されたニュースメール。送信先である2287件へBCCを利用して送信したが、そのうち722件のアドレスがメールヘッダではなく、メール本文に記載された状態となり、1565件に送信されたという。

原因は、人為的なミスかソフトウェアの不具合によるものとしており、対象となる顧客に説明と謝罪を行い、アドレスが記載されたメールの削除を依頼。また、顧客への一斉メール配信を中止しており、事故への対応については今後公表するとしている。

(Security NEXT - 2010/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
再就職促進事業でメール誤送信、メアドが流出 - 下関市
豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信