Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームのセキュリティシステム導入キャンペーン - JOGA

日本オンラインゲーム協会(JOGA)は、オンラインゲームのIDやパスワードの盗難を防止するため、セキュリティシステム導入促進キャンペーンを展開している。

第三者がIDやパスワードを盗み、アイテムやゲーム内通貨を不正に換金する犯罪が増加しており、同協会ではこうした犯罪を防止するため、携帯電話とワンタイムパスワードを組み合わせたシステムを導入。会員企業による利用が進んでいることから、同協会の会員企業によるシステム導入促進キャンペーンを3月31日まで実施する。

同キャンペーンでは、あらたにシステムを導入した各社で導入ユーザーを対象にアイテムなどをプレゼントするなど利用の促進をはかる。

導入のシステムは、スマートフォン「iPhone」に対応しており、「Android」対応版を来春に開始する予定だという。

(Security NEXT - 2010/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
「剣と魔法のログレス」利用者アカウントの不正売買、27件が被害
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
【特別企画】年々巧妙化するネットゲームのチート行為 - 専門家が考える対策とは
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
フィッシング報告、3か月連続で増加 - 違和感ない日本語メールに注意
NISCとVRMMOアニメ「SAO」がタイアップ - IPAも採用か
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面