Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームのセキュリティシステム導入キャンペーン - JOGA

日本オンラインゲーム協会(JOGA)は、オンラインゲームのIDやパスワードの盗難を防止するため、セキュリティシステム導入促進キャンペーンを展開している。

第三者がIDやパスワードを盗み、アイテムやゲーム内通貨を不正に換金する犯罪が増加しており、同協会ではこうした犯罪を防止するため、携帯電話とワンタイムパスワードを組み合わせたシステムを導入。会員企業による利用が進んでいることから、同協会の会員企業によるシステム導入促進キャンペーンを3月31日まで実施する。

同キャンペーンでは、あらたにシステムを導入した各社で導入ユーザーを対象にアイテムなどをプレゼントするなど利用の促進をはかる。

導入のシステムは、スマートフォン「iPhone」に対応しており、「Android」対応版を来春に開始する予定だという。

(Security NEXT - 2010/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多