Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が9カ月にわたりネット上で閲覧可能に - 東京大

東京大学大学院が開催したシンポジウムや入試説明会に申し込んだ関係者の個人情報が、約9カ月にわたりネット上で閲覧可能だったことがわかった。

同大によれば、2010年3月にウェブサーバの更新を行った際、アクセス制限の設定を誤って無効に設定したため、3月25日から12月18日にかけて、外部からアクセスできる状態だったもの。すでに修正されている。

同大学院新領域創成科学研究科が2008年4月12日および20日に実施した公開シンポジウムや入試説明会へ参加申し込みを行った関係者の氏名、メールアドレス、所属、職位などが閲覧できる状態だったという。

(Security NEXT - 2010/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構