Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が9カ月にわたりネット上で閲覧可能に - 東京大

東京大学大学院が開催したシンポジウムや入試説明会に申し込んだ関係者の個人情報が、約9カ月にわたりネット上で閲覧可能だったことがわかった。

同大によれば、2010年3月にウェブサーバの更新を行った際、アクセス制限の設定を誤って無効に設定したため、3月25日から12月18日にかけて、外部からアクセスできる状態だったもの。すでに修正されている。

同大学院新領域創成科学研究科が2008年4月12日および20日に実施した公開シンポジウムや入試説明会へ参加申し込みを行った関係者の氏名、メールアドレス、所属、職位などが閲覧できる状態だったという。

(Security NEXT - 2010/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
中学生自殺問題の報告資料で墨塗り処理にミス - 神戸市
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
再就職促進事業でメール誤送信、メアドが流出 - 下関市
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社