Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むリストを紛失、区民がマンション通路で発見 - 練馬区

東京都練馬区の職員が、区民644人の個人情報が記載された書類を紛失し、拾得した区民により届けられていたことがわかった。

一時紛失したのは、住民税および国民健康保険料の徴収対象者644人の氏名および住所が記載されたリスト。11月23日、区の徴収員が対象者を訪問した際、訪問先に置き忘れたという。

12月14日に、マンション通路に落ちていたリストを区民が発見し、届けられた。同区では対象者に対し、文書で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市
生徒の個人情報含むPCを一時紛失 - 東京工業高専
取引先情報など含む記録媒体が一時所在不明に - Minoriソリューションズ
4年前の個人情報入りUSBメモリ紛失、匿名で届き発覚 - 大阪市
県立高で生徒指導カードが所在不明、廃棄ロッカーなどに放置 - 大阪
預金残高など顧客情報の記載書類を一時紛失 - 滋賀銀
日本郵便、マイナンバー通知の配達ミスを公表
国勢調査関連書類を職員が泥酔して紛失、2日後回収 - 堺市