Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォン、約3割が業務用アプリ以外利用認めず

PCを持ち出す際のルールとしてもっとも多かったのは、「上司の許可や所定の手続が必要」の69.1%で、次いで「暗号化ソフトの導入」「未許可のソフトのインストール禁止」と続く。一方携帯電話については規定が緩く、「ルールはない」という回答が24.7%にのぼった。

システム管理者がアクセス制限をかけているサイトは、「2ちゃんねる」が75%でもっとも多く、「mixi(54%)」、「GREE(49.7%)」なども半数近くが制限をかけている。

持ち出し機器からの情報漏洩防止のため実施したい対策としてシステム管理者が挙げたのは、「暗号化」72.4%、「URLフィルタリングの導入」52.8%だった。

タブレット端末やスマートフォンが採用している理由としては、可搬性の良さや必要最低限の機能が搭載していることを挙げる管理者が多かった。貸与されているスマートフォンやタブレット端末はタブレット端末で「iPad」が54.1%、スマートフォンで52.7%が「iPhone」とiOS搭載機器が半数を占めている。

(Security NEXT - 2010/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
約9割が個人情報の無断利用を経験 - 総務省調査
内部不正経験者の42%は「故意」 - 多忙や組織への不満が不正を誘発
9月のネット炎上は91件 - 自治体職員の個人情報持ち出しでも
マイナンバー向けセキュリティ対策、約4割は情報収集段階
個人情報漏洩事故が4割減 - 想定賠償額は上昇し1億円超に