Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEにおけるCSS処理の脆弱性、12月定例パッチでは修正されず - MS「対応進めている」

12月に入って「Internet Explorer」のあらたな脆弱性が明らかになっているが、12月15日に公開された月例のセキュリティ更新プログラムでは修正されなかった。攻撃は確認されていないものの、今後の動向に注意する必要がある。

12月10日にのCSS処理に未修整の脆弱性が明らかとなったもので、すでに脆弱性のエクスプロイトコードが公開されている。マイクロソフトでは、今回の脆弱性について特にアドバイザリなどコメントを出していない。

同社によれば、すでに脆弱性を把握しており、対応を進めているという。攻撃の報告については15日の時点で報告は受けておらず、アドバイザリの提供など状況に応じて対策を講じていく方針。

(Security NEXT - 2010/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデート - 脆弱性21件を修正
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み