Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロシアのセキュリティベンダーDoctor Webが日本法人が設立

セキュリティベンダーである露Doctor Webは、日本法人「Doctor Web Pacific」を設立した。同社代表取締役には、菅原修氏が就任している。

従来より国内では、ネットフォレストが「Dr.WEB」ブランドでUNIX向け製品を展開してきたが、日本法人を設置し、大手法人市場を中心に事業を展開する。

ネットフォレストは、国内一次代理店となり、引き続き、販売やサポートを展開していくという。

(Security NEXT - 2010/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
CyberArkが日本法人を設立 - 特権アカウント管理製品の展開強化
米Cylance、日本法人を設立 - 国内独自の脅威にも対応
米Druva、日本で本格展開を開始 - 監査証跡も残すデータ管理ソリューション
ドキュメント管理のDocuSign、日本法人を設立
デジタルガーディアンが事業展開を強化 - 制御機器向けソリューションも
米Juniperから事業譲渡受けた米Pulse Secure、日本法人を設立
ルックアウトの執行役社長に大須賀雅憲氏
東陽テクニカ、脆弱性検知ツール「Nessus」を提供 - 脆弱性の検出やパッチの検査に対応
日米企業のセキュリティ投資額や製品導入率に格差 - MM総研調査