Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ソフトウェア資産管理評価認定協会」が設立

ソフトウェア資産管理の成熟度評価について推進する「ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)」が、12月1日付けで設立された。

同協会は、マイクロソフト、アドビシステムズ、オートデスク、トーマツ、あずさ監査法人、クロスビートの有志によって設立されたもので、ソフトウェア資産管理コンソーシアムがオブザーバとして参加している。

同協会では、ソフトウェア企業、監査法人、ソフトウェア管理のコンサルティング企業が連携。「ISO/IEC19770」や関連JIS規格に準拠したソフトウェア資産管理の普及を目指す。

具体的には、ソフトウェア資産管理の成熟度評価に関する規準の策定や成熟度認証事業、評価資格者や評価資格組織の認定事業などを展開するという。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
カルソニックカンセイら、自動車分野のセキュリティで新会社設立
文科省、公立学校のセキュリティポリシーガイドライン案を策定 - 意見募集を実施
ソフトバンク、米Cybereasonに1億ドルの追加出資 - 筆頭株主に
PCI SSC、クレカのセキュリティ基準「PCI DSS」日本語版を公開
イー・ガーディアン、HASHコンサルなど子会社3社の社名を変更 - CIも統一