Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ソフトウェア資産管理評価認定協会」が設立

ソフトウェア資産管理の成熟度評価について推進する「ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)」が、12月1日付けで設立された。

同協会は、マイクロソフト、アドビシステムズ、オートデスク、トーマツ、あずさ監査法人、クロスビートの有志によって設立されたもので、ソフトウェア資産管理コンソーシアムがオブザーバとして参加している。

同協会では、ソフトウェア企業、監査法人、ソフトウェア管理のコンサルティング企業が連携。「ISO/IEC19770」や関連JIS規格に準拠したソフトウェア資産管理の普及を目指す。

具体的には、ソフトウェア資産管理の成熟度評価に関する規準の策定や成熟度認証事業、評価資格者や評価資格組織の認定事業などを展開するという。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も