Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非公開情報がアプリ経由で外部事業者へ提供されることない - ミクシィが説明

SNSサイトを運営するミクシィは、「mixiアプリ」に関して個人情報が外部へ提供されるといった誤った情報が出回っているとして利用者へ注意喚起を行った。

同社では、「未利用アプリのプライバシー設定」で基本情報やプロフィール情報の公開にチェックを入れた場合に、登録している情報やメールアドレスが外部事業者などへ提供されるといった報告を受けているという。

同件について同社では、全体公開の情報はアプリに表示されるものの、非公開の情報が外部の事業者へ提供されることはないと説明。利用者へ理解を求めている。

(Security NEXT - 2010/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に
ミクシィの「モラッポ」「mixiアンケート」で不正ログイン - ポイントの不正使用被害も
mixiで26万件超の不正ログインが発生 - 試行回数は430万回以上、今なお攻撃が継続
ミクシィで約1万7000件の不正ログイン被害 - 「mixiボイス」に不正投稿
セーファーインターネット協会、有害情報の排除事業をスタート
ミクシィ、脆弱性報告に報酬を支払う新制度を導入
ミクシィのAndroidアプリに情報漏洩の脆弱性 - 最新版で解消
情報セキュリティ担当者による「日本CISO協会」が発足
「招待制度廃止、新規登録受付」と個人情報入力させるmixi酷似の迷惑メールが発生